腰痛されど腰痛!   フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

腰痛を発症する疾患は本当にたくさん存在します。その中で私達の治療院で施術が可能な腰痛とは?と言いますと主に整形外科的腰痛症だと思います。

例えば、腰部筋挫傷・腰椎椎間関節症または腰椎関節捻挫・腰椎椎間板症・腰椎椎間板ヘルニア・腰椎分離症・腰椎分離すべり症・腰部脊柱管狭窄症・変形性腰椎症・骨粗鬆症による腰痛などなど数えあげればまだまだあります。

これほど腰痛を発症する疾患が多いと施術法もたくさん必要な気がしてしまいますがそうでもないのです。上記疾患は何故どうして発症するのでしょうか? 

上記疾患名は要するに腰の筋肉を傷めました・腰の椎間板を傷めました・腰の椎間関節を痛めました・腰椎を傷めました等々腰のどの部分を傷めたか?によって分類されているだけなのです。ですから診断名がどれほど恐ろしく重症な腰痛疾患のように思えても中身のメカニズムはさほど変わらないものです。

言い換えますと腰痛を発症させる要因には

1.姿勢性腰痛

2.外傷性腰痛(交通事故等は除く)

3.心因性腰痛

4.その他 

に分類できます。

そして詰まるところ、腰痛を発症する為には1.2.3.4.の要因のどれであっても1.の姿勢性腰痛が最も重要になります。

我々治療家を訪れる患者様の大部分は慢性腰痛施術を求めて来院されます。どのような腰痛疾患であっても急性時期を過ぎれば後遺傷害としての慢性症状の施術に終始しますので当然なのですが・・・。

ですから、腰痛疾患とは何らかの原因(主に習慣的に無意識に繰り返してきたひとりひとりの身体の使い方)により徐々に積み重なった姿勢の歪みが進行した結果、さまざまな腰痛疾患名を生み出したに過ぎないのです。

ここまで、理解できれば施術は簡単!!姿勢調整をすればいいのです。もちろん施術効果は腰部の硬組織・軟部組織の損傷程度に左右されます。さほど損傷していなければ驚くほど早く回復することも多々あります。

一度、施術を受けてみてくだされば真実がわかりますのでまずはご相談を!    

                     *エキテンにてク−ポンサ−ビスあり!

▲このページのトップに戻る