内くるぶしの痛み!整体COMおしえて掲示板NO.591

あなたは暇な時や疲れた時に足首をくねって外側に曲げる癖があると言いますが、癖でも何でもありません。あなたの姿勢のバランスの崩れが原因でそのような事をしてしまうだけです。そして内くるぶしの痛みも同様です。足部関節の関節不適合(ズレ)があるために、痛むのです

酷くならないうちにカイロプラクティックで筋骨格系の調整をし、姿勢バランスの崩れを整えてください!ただし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないのでよくよく探してください!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

*エキテンにてク−ポンサ−ビスあり


仙骨骨折後のお尻の痛み!腰痛COMおしえて掲示板NO.252

骨折前より骨盤の歪みがあり、腰だけでなく肩こり・首こり・頭痛などの症状をお持ちだったことから、辛いのなら早めに治療を受けましょう!

どの様な治療法がよいのか!と言えば、カイロプラクティックで筋骨格系の調整をしてもらうのが良いでしょう。しかし仙骨骨折後、約1か月なのでポキポキ骨を鳴らすような治療は受けないように気を付けてください。筋トレなどは筋骨格系の調整をした後、必要ならすれば良いので止めておきましょう。

まずは筋骨格系の調整をし、姿勢バランスの崩れを整えてください。ただし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないのでよくよく探してください!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

*エキテンにてク−ポンサ−ビスあり


膝の痛みが治らない!接骨院COMおしえて掲示板NO.60

長期間、膝の痛みが治らない状態が続いていて、皿の上を押して関節内圧力を上げてやると激痛が生じ、膝を動かすとポキポキ音が鳴るなどの症状から慢性膝関節炎を発症しているようです!

このような時、やはり部活を休み休養するのが必要だと思いますが・・・。なかなか難しいのでしょうね。次善の策として治療期間は掛かりますが、運動量の制限を設けながら治療していくことしかないでしょう!

では膝の痛みが長期間継続する原因は何か?と言うと、バレ−ボ−ル練習の積み重ねの中で、次第に(あるいは突然に)姿勢バランスの崩れを引き起こすような身体の動きを強いられ、筋骨格系の歪みを形成したものでしょう。

膝関節は構造上、非常に歪み捻じれを生じ易い関節で足部関節や骨盤の歪みに良く影響され痛みや不調を発症します!その場合、膝関節に対して治療を施しても、思うようには改善することはありません。

治療法はただ一つ、カイロプラクティックで筋骨格系の調整をすることで姿勢バランスの崩れを整えてやることです!ただし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないのでよくよく探してください!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

*エキテンにてク−ポンサ−ビスあり

生理の前になると右足が痛む!整体COMおしえて掲示板NO.558

原因が分らないと言うのは不安ですね!既往症として事故や階段からの落下などの影響があるのでは?と思っておられるようですが、身体へ掛かる外力(衝撃力など)は筋骨格系の歪みや捻じれを生じる原因の一つになります。ですから、無関係とは言いきれません!

しかし、原因が何であれ既に過ぎた事ですから気にしてもしょうがありません。今の不快な症状を解消することが大事ですからね!

では、どうすれば解消するのか?

簡単な事です!あなたの症状が生じる根本原因は筋骨格系の歪みや捻じれにあります。特に骨盤の歪みにより、生理前のホルモンバランスの変化による骨盤内臓(子宮・膀胱・大腸など)やリンパ系・血管系などの体液循環変化に対応出来ずに発症したものです!

つまり、骨盤が歪むことで骨盤内圧が変化し、体液循環を阻害した結果、症状を引き起こしているだけですのでカイロプラクティックで筋骨格系の調整をし、姿勢バランスの崩れを整えれば改善解消します!

ただし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないのでよくよく探してください!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

*エキテンにてク−ポンサ−ビスあり

坐骨神経痛?脚の後ろの痛み!整体COMおしえて掲示板NO.590

あなたの場合、単純に坐骨神経痛と言う事は出来ません。右膝の外側半月板の手術をしておられ、変形性膝関節症との診断も受けておられる事から、複合性の疾患だと考えられます!

主訴は右脚太ももの真ん中より下で、何かが挟まったような、筋が違ったような、ピキ−ンとした痛みと言う事から腰仙部での坐骨神経に対するストレス(圧迫・伸展)だけでなく、下肢の関節である股関節や足部関節の関節不適合(ズレ)による膝関節への捻じれ外力が原因と考えます!

構造的に膝関節は大腿骨と下腿骨(脛骨・腓骨)が上下に繋がり、前方に膝蓋骨が位置するようになっており、非常に関節不適合(ズレ)を生じ易い関節です(しかし、それにより身体バランスの崩れをある程度、吸収させることが出来る)

ですから、あなたの脚の後ろの痛みとは単純にどこそこが原因であると言うよりも、筋骨格系の歪みや捻じれにより、姿勢バランスの崩れを発症したことが原因です。もっと言えば、膝外側半月板損傷や変形性膝関節症を生じた一つの原因とも言えます!

治療はカイロプラクティックで筋骨格系の調整をし、姿勢バランスの崩れを整えることが良いでしょう!ただし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないのでよくよく探してください!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

*エキテンにてク−ポンサ−ビスあり

一年前にヘルニアの手術をしました!腰痛COMおしえて掲示板NO.183

椎間板ヘルニアでも重症例だと手術適応となりますが、なるべく手術以外の方法で治療するべきだと考えます。しかし、どうしても他に有効な治療法がなければ仕方ありませんので手術適応となりますが、メリット・デメリットを良く考えて踏み切る事です!

最近はレ−ザ−手術などのように、身体に与える侵害刺激を極力最小化した治療法が多くあり、マイクロラブ法もそうでしょう。

ただ、手術である以上、レ−ザ−照射によるものであれメスによるものであれ、ヘルニア部分やその周囲組織を除去することで、神経根部への物理的ストレス(圧迫・伸展)を取り除く訳ですから、身体への負担が生じるのは致し方ありません!

そして患部組織を除去後、切除後組織は修復再生に向かうのですが、大なり小なり組織変性による瘢痕化が生じ、脊椎関節の可動性に影響を与え、関節不適合(ズレ)を形成してしまいます。その結果、再び神経根部へのストレス(圧迫・伸展)が生じることもあるのです!!

あなたの場合、腰の痺れと痛みが持続し、前屈時に痛みを覚え、骨がポキポキなると言う症状の原因として、術後、姿勢バランスの崩れが進行し悪化したことで発症したものと考えられます!

治療法はカイロプラクティックで筋骨格系を調整し、姿勢バランスの崩れを整えてやることです!ただし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないのでよくよく探してください!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

*エキテンにてク−ポンサ−ビスあり


何もしていない時にも背中が痛いです!腰痛COMおしえて掲示板NO.262

何もしていないのに背中が痛い!と言う事は慢性的な患部の関節痛や筋肉痛があると言う事ですから、必ず理由があるはずです!お仕事は事務仕事と言われていますから、おそらく座っての作業がほとんどなのでしょう。

もし、あなたの言われるように何も原因が思いつかないのであれば、長年の身体の使い方による姿勢バランスの崩れが原因でしょう(事務仕事で一日中座って前屈みでの作業などとか・・・)

であれば、カイロプラクティックで筋骨格系の調整をすれば、長年の悩みは必ず改善解消します!しかし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないのでよくよく探してください!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

*エキテンにてク−ポンサ−ビスあり

左足が動かしにくいです!整体COMおしえて掲示板NO.589

あなたの場合、左足が動かし難いのは左足が悪いのではなく、腰仙関節部に最も大きな問題があります!

つまり、左足が動かし難いのは腰・仙骨神経根麻痺による筋力低下によるもので病院で一度検査を受けられるのが良いでしょう。しかし、なかなか病院での治療による効果は出難いかもしれません!

何故なら、腰仙骨神経根部へ掛かるストレス(圧迫・伸展)を取り去るのはリハビリテーションによる治療法(牽引療法・温熱療法など)や神経ブロック・服薬等では難しいからです!

それは腰仙骨神経根部へのストレス(圧迫・伸展)を取り去るには骨盤の歪みを改善解消させる必要があるため、骨盤の歪みという概念を持たない整形外科などの病院では対応困難だと考えるからです。

カイロプラクティックで筋骨格系の調整をするのがベストだと思います。ただし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないのでよくよく探してください!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

*エキテンにてク−ポンサ−ビスあり

長引く仙骨の痛みと腰痛!腰痛COMおしえて掲示板NO.66

しゃがもうとして机の角で尾骨を強打したことが発症原因ですが、すでに三ヶ月も過ぎていますから、損傷部位も自然治癒していることでしょう。なのに何故、痛みが改善しないのか?と言えば尾骨付近を強打した時に仙腸関節が関節不適合(ズレ)てしまい、そのまま固定化してしまったためでしょう!

骨盤の仙腸関節は筋骨格系の構造的にも機能的にも重要部分であり、わずかでも構造的不一致を生じると即座に機能的障害を発症します!

たぶん、あなたの場合、強打した軟部組織(筋・靭帯など)は治癒しているのだけれど、仙腸関節不適合(ズレ)が調整されることなく残存しているが為、周辺組織にストレス(圧迫・伸展)が掛かり症状改善がみられないのでしょう!

治療は簡単です!カイロプラクティックで筋骨格系の調整をしてやればよいのです!ただし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないのでよくよく探してください!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

*エキテンにてク−ポンサ−ビスあり

前屈時の痛みに対する対処方法を教えてください!腰痛COMおしえて掲示板NO.130

前屈時にもっとも右腰痛が強く、右側屈で少し痛み、立位での右膝上げで痛み、座位での膝上げは痛みの為不可であることから、右腸腰筋の問題か?と思われるようですが真実は上部腰椎部分(主に第3腰椎)の関節不適合(ズレ)にあります。

その影響で腰の特定運動時に神経根へのストレス(圧迫・伸展)が生じ、痛みが発症するものです!マッサージやコルセットはしない方が良いでしょう。何故なら、原因は筋肉の問題ではないのでマッサージは必要ないですし、関節の関節不適合(ズレ)が原因であるから、コルセットで固定するのは問題先送りでしかなく慢性化するだけです!

大変でしょうが一日も早くカイロプラクティックを受けて筋骨格系の調整をしてください。ただし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないのでよくよく探してください!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

*エキテンにてク−ポンサ−ビスあり



仙腸関節炎!腰痛COMおしえて掲示板NO.95

これは相当ひどい腰痛ですね。でも大丈夫。改善解消しますから安心してください!このような事が言えるのもほんとうの原因が理解出来ているからであり、慰めでもはったりでもありません。

原因は仙腸関節の関節不適合(ズレ)によるものであり、そこから椎間板ヘルニアも発症しているのです。仙腸関節は非常に複雑な形状をしていますので、関節面の適合性が少しでも損なわれると脊椎関節の適合性まで損なわれ、筋骨格系全体に悪影響を及ぼしてしまいます!

あなたの場合、自己治療は無理ですのでカイロプラクティックで筋骨格系の調整を受けてください!かなり時間経過が長いのでカイロプラクティック専門家にご相談ください。ポキポキ骨を鳴らすことなく安全に調整出来ますのでご心配なく!ただし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないのでよくよく探してください!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

*エキテンにてク−ポンサ−ビスあり

スポ−ツで傷めてしまった関節はどう処置すれば良いでしょうか!整体COMおしえて掲示板NO.516

スポ−ツで関節を痛めて治療もせずに放置していてはだめです。関節を痛めたが治療をせずにいると言う事は関節を形成する硬組織(骨・軟骨など)と軟部組織(筋・靭帯など)の修復再生が遅れる可能性が高くなり結果、痛みが後遺症として残存してしまう原因になります!

仕事などで時間的余裕がなくとも何とか工夫して治療を受けるべきです。治療のタイミングを失すると痛みが取れず、治癒するものもしなくなりますから。

スポ−ツ障害で苦しむ人達のなかには、病院の検査等で治癒しているにも関わらず、慢性化した痛みなどの後遺障害に悩んでいる人達がいます。そのような場合は例外なく根本原因として、関節不適合(ズレ)が存在しています!

関節不適合(ズレ)が残存したまま、硬・軟組織が正常に修復再生されることはありませんので、必ず後遺障害が発症し、持病のような間隔に陥り、治療をあきらめてしま人達が多いのも事実です。

一日も早くカイロプラクティックを受けて筋骨格系の調整することで明るい人生を取り戻しましょう!しかし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないのでよくよく探してください!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

*エキテンにてク−ポンサ−ビスあり


慢性頭痛に悩んでいます!整体COMおしえて掲示板NO.586

毎日、パソコンを長時間使い仕事をしていると程度の差こそあれ、ほとんどの方が同じように眼精疲労・肩こり・頭痛などの症状に苦しんでおられるのではないか?と思われます。また事務仕事の方でなくても、常に偏った同じ姿勢で仕事をしておられるような時も同様です!

何故、このような症状が発症するのか?と言うと姿勢バランスの崩れが原因であり、偏った姿勢により神経系へのストレス(圧迫・伸展)が生じた結果なのです。

人間は脊椎動物ですから特に背骨や骨盤が歪んだり捻じれていると、中枢神経系・末梢神経系・自律神経系がストレス(圧迫・伸展)を受け、循環器系・リンパ系・ホルモン系・・・等すべてに影響を与えます。

肩こり・眼精疲労・頭痛などはその典型例ですから、不定愁訴と言われる段階で正しい治療をすれば完全解消するでしょう!

慢性頭痛であれば、不定愁訴としてよくある症状であり、胸郭上口周辺の歪みや頚椎の捻じれで発症するのでカイロプラクティックで改善可能です。悩んでいるなら治療を受けてください。

ただし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないのでよくよく探してください!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

*エキテンにてク−ポンサ−ビスあり


頻繁になり始めた腰痛の対応策は?腰痛COMおしえて掲示板NO.251

あなたの場合、腰痛に対する考え方自体が間違っているために、腰痛が悪化し続けているのです。どういう事か?と言うと

1.椎間板ヘルニアに対して、コルセット固定や湿布などの治療法は、単に問題の先送りに過ぎず椎間板ヘルニアを悪化させるだけだ!と言う事実。

2.ストレッチなどの体操は軟部組織(筋・靭帯など)に対する治療法であり、椎間板ヘルニアへの積極的治療法にはならない!と言う事実。

3.椎間板ヘルニアを、既に発症してしまっている段階では自己治療法はありえない!と言う事実。

では、どのように治療すれば良いのか?と言えば、

1.椎間板ヘルニアが生じる原因は、慢性的な骨盤の歪みによる脊椎関節の捻じれで生じる椎間板内圧力の偏り(椎間板繊維輪の変性による損傷)です。それにより髄核変位が起こりヘルニアが発症します。その原因を放置してコルセット固定や湿布など意味がありません!

2.ストレッチなどの体操療法は骨盤・脊椎関節の調整後、その効果を発揮する。

3.つまり、カイロプラクティックで筋骨格系の調整をすることで椎間板ヘルニアを解消させ、その後の自己管理法としてストレッチなどの体操をする。しかし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないので、よくよく探してください!

*重度のヘルニア(完全脱出や周囲軟部組織との癒着)の場合は手術以外には無理なこともあるので、病院での検査が必要でしょう!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

*エキテンにてク−ポンサ−ビスあり

心当たりのない謎の鈍痛!整体COMおしえて掲示板NO.393

生きていく上で、あなた自身の身体を健康に保ち、元気に過ごしていきたいと思われるならば最低限の努力は必要でしょう!

その努力とは身体の機能を正常に維持するためのヨガやストレッチなどによる軟部組織(筋・靭帯など)への外力刺激(伸張と収縮)と硬組織(骨・軟骨など)である関節の正常可動域確保のためのカイロプラクティックです。

人間は動物界で唯一の二足歩行生物ですから、姿勢バランスの崩れは重要な健康被害をもたらします!!

あなた自身で出来ることはヨガやストレッチによる軟部組織のバランス維持です。そして硬組織(骨・軟骨など)である関節の正常可動域確保のための関節不適合(ズレ)の調整はカイロプラクティックで筋骨格系の調整をすることが必要になります!

健康に一生を過ごしたいと言う願望をお持ちであるならば、まずはカイロプラクティックで筋骨格系の調整を行い、その上でヨガやストレッチを日常生活に取り入れることです。

ただし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないのでよくよく探してください!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

*エキテンにてク−ポンサ−ビスあり

テニス肘の症状に似ています!整体COMおしえて掲示板NO.582

テニス肘とは、一般の方にも分かり易く理解してもらえるための通名のようなもので、正しくは上腕骨外側上顆炎と言い、スポ−ツ以外でも無理な外力刺激が掛かり続けることで症状は発症します!

あなたの場合、スポ−ツではなく、毎日の生活習慣に問題があり肘部分に何らかの外力刺激が過剰に作用したからこそ発症したのだと思います。

このような時、皆さん単純に肘に無理を掛け過ぎたため(使い過ぎ)だと思われますが、実は姿勢バランスの崩れにより肘部分に外力刺激が集中してしまったために使い過ぎと同じ現象が生じたことが原因です!

ですから、改善解消するためにはカイロプラクティックで筋骨格系の調整をする必要があり、姿勢バランスの崩れを整えることこそが重要です。ただし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないのでよくよく探してください!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

*エキテンにてク−ポンサ−ビスあり

 

 

 


プレぎっくり腰が続いています!腰痛COMおしえて掲示板NO.261

ご自分で言われている胸椎12番と腰椎1番のあたりが「くきっ」と痛むとは、要するに胸腰移行部に関節不適合(ズレ)があり、動作時に椎間関節部を引っ掛けてしまい「くきっ」と有痛性の音が鳴るのです!

原因は筋骨格系の歪みであり、姿勢バランスの崩れですから一日も早くカイロプラクティックを受けて改善するべきです。何故なら、放置することで椎間関節の関節面や周囲軟部組織(筋・靭帯など)を損傷し炎症を発症することが繰り返され、やがて変形・変性を起こしてしまうからです!

このまま進行すると、変形性椎間関節症という病名を病院からいただくことになり、難治性の疼痛・運動時痛に辛い毎日を過ごさねばならなくなりますからご注意ください!

治療は早ければ早いほど良いので、ぜひカイロプラクティックを受けてください。ただし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないのでよくよく探してください!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

*エキテンにてク−ポンサ−ビスあり

膝裏の痛み!腰痛COMおしえて掲示板NO.260 フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

これは膝が悪いのではなく、腰に問題があるのです!!レントゲン検査では余程でない限り、判別できません。

あなたの場合、右下肢のしびれや痛みを感じたと言われているように坐骨神経痛の症状であり、もっと言えば、骨盤の歪みから来る、主に第5腰部脊髄神経根へのストレス(圧迫・伸展)の結果、膝裏の痛みとして生じているだけです!

そして反張膝で外反母趾で偏平足ということも姿勢バランスの崩れを発症し易くしています。今後も運動を継続する希望があるのなら、筋骨格系の調整が必要だと思います。また、姿勢バランスの崩れを整えることでバスケットボールの競技力も上昇します!

一日も早くカイロプラクティックを受けてください。ただし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないのでよくよく探してください!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

*エキテンにてク−ポンサ−ビスあり

 


土踏まずの痛みについて!整体COMおしえて掲示板NO.580

何故、急に土踏まずに痛みが発現してきたか?

それは、あなたが太られた事と無関係ではありません!痛みの発症部位がいつもいつも原因個所とは限りません。それでは、あなたの土踏まずの痛みは、どこから来るのでしょうか?

以外でも何でもなく、ほんとうの原因個所は腰仙部分にあるのです!!急激な体重増加により腰に掛かる重力や運動による衝撃力などが影響し、主に腰仙部分の椎間板(多分、椎間板変性あり)が狭窄を生じ、脊髄神経根を刺激することで、発症します(骨盤が歪んでいることで腰仙部へのストレス(圧迫・伸展)が起きています)

重度になれば、腰下肢の張りや痺れ・痛みなども発症しますので、一日も早くカイロプラクティックで筋骨格系の調整を受けてください!ただし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないのでよくよく探してください!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

             *エキテンにてク−ポンサ−ビスあり

背骨が歪むことの影響!整体COMおしえて掲示板NO.583

整形外科で側弯症を指摘されたのですね!学校の身体検査で側弯症との指摘は受けておられないということなら病的というよりも日常的な偏った動作の繰り返しによる側弯症ではないか?と考えられます!

頭痛・肩こり・目の疲れ易さなどは言われるように、姿勢の悪さにより発症する場合が多いのです。その他、腰痛でったり、冷え症や浮腫みであったり、多種多様な症状が出現する可能性があります!

あなたの場合、すでに慢性化していますので体操などの自己流のやり方では改善しませんのでカイロプラクティックを受けてください。

カイロプラクティックで筋骨格系の調整をしてもらい、姿勢バランスの崩れを整えることで、悩んでおられる辛い症状が改善解消されていくでしょう!

ただし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないのでよくよく探してください!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

*エキテンにてク−ポンサ−ビスあり

スタッフ紹介! フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

スタッフ紹介と言っても、妻と私の二人きりですのでお願いします。

院長日記! フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

不定期ですが、院長日記!始めますのでよろしくお願いします。

足関節脱臼、三角靭帯断裂、腓骨骨折スポ−ツにて!接骨院COMおしえて掲示板NO.52

足関節脱臼、三角靭帯断裂、腓骨骨折手術後の後遺障害による症状のご相談ですが術後2年ほど経ち、ボルトを抜いてリハビリをされているのですか?

懸命にリハビリをされているにも関わらず、腓骨のずれるような感覚とか、腓骨後方奥の痛み、底屈や外反時の痛みなど足関節の違和感が解消しないと悩んでおられるのですね!

術後2年も経て、症状の改善が見られないのは、治療するポイントが違うからです!脱臼、骨折による骨折部や靭帯部分の治療ではなく、姿勢バランスの崩れを整えながら、受傷部位の関節不適合(ズレ)を調整してやれば驚くほど改善してくると思います!

足部周辺関節の一つ一つが正常可動性を取り戻すように治療をすれば復帰も早いでしょう!一日も早くカイロプラクティックを受けられるべきです。ただし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないのでよくよく探してください!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

*エキテンにてク−ポンサ−ビスあり

肩甲骨回りが酷く疲れやすいのですが!整体COMおしえて掲示板NO.563

マッサージに行くと必ず肩甲骨回りの凝りを指摘されるそうですが、凝りとは筋肉の過剰緊張状態を言い、筋肉内に老廃物・炎症物質などを貯め込み、硬結を生じたものですが、筋肉そのものに問題があるから発症したものと言うのは大間違いです!

ですから、筋肉を強く揉んだり、叩いたり、ストレッチしても問題は解決せず、むしろ問題悪化させてしまうでしょう。筋肉に対する過剰刺激(揉む・掴む・叩くなど)は筋繊維を痛め、炎症を生じ過剰筋緊張を起こし結果、慢性的過剰筋緊張による筋肉痛や筋疲労感を感じるようになってきます。

肩甲骨は鎖骨と連結し、肩甲帯として上肢の自由な運動を司どっているため、あらゆる方向に筋肉が付着しています。肩甲骨を上げたり下げたり、回転させたり、寄せたり離したりと体幹部肋骨上を滑るように動きます。

しかし、姿勢バランスの崩れがあると頚椎・胸椎の捻じれのため、脊髄神経根部にストレス(圧迫・伸展)が掛かることによる影響や体幹部肋骨(12対あり)が歪み凸凹するため、肋骨上を肩甲骨が自由に動くことが出来なくなり可動性減少を起こしてしまった結果、肩甲骨回りの酷い疲れ感覚を持つに至るのです。

改善するには、カイロプラクティックを受けてください。しかし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないのでよくよく探してください!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

*エキテンにてク−ポンサ−ビスあり

肩の痛みについて!整体COMおしえて掲示板NO.579

五十肩は肩周辺軟部組織(筋・靭帯など)が変性を生じているため、やはり治癒には長期間掛かります。少しでも早く痛みや違和感とか肩関節可動域を正常化するには、カイロプラクティックを受けてください。

元々、五十肩は姿勢バランスの崩れが原因で、肩関節部に過剰負担が掛かることで生じますので筋骨格系の調整は根本原因を取り除き、治癒を早めることを期待できます!

何の治療もせずに放置していると長引くだけでなく、その他多くの違う症状を発症することもあるのでカイロプラクティックで正しい姿勢を取り戻してください!ただし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないのでよくよく探してください!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

*エキテンにてク−ポンサ−ビスあり

▲このページのトップに戻る