重たい物を持つと辛い!腰痛COMおしえて掲示板NO.258

「ズキッ」と感じた時に下部腰椎椎間関節部を損傷(捻挫・挫傷)しており、所謂ぎっくり腰を起こしたものと思います。あなたの場合、以前から腰に負担を掛けるような仕事を繰り返していたため、いつのまにか姿勢バランスの崩れを発症しており、ぎっくり腰を起こしたのでしょう!

腰の不快感や痛みを解消するには筋骨格系の調整が必要であり、姿勢バランスの崩れを整えてやることが腰に負担を掛けずに済む唯一の方法です(身体のバランスの崩れが腰の負担を生んでいるのです)

一日も早くカイロプラクティックを受けて楽になってください!ただし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないのでよくよく探してください!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

*エキテンにてク−ポンサ−ビスあり

腰の骨のズレ!整体COMおしえて掲示板NO.578

3年くらい前から今のような反り返り姿勢が固定化してきたと言われていますので、50代前半という年齢を考えても一日も早くカイロプラクティックを受けられる方が良いでしょう。

不良姿勢が余りに長期間に渡っている場合、硬・軟部組織ともに変性・変形が進行してしまうので筋骨格系の調整が難しくなり、治療回数や治療期間も長く掛かることになります。

手術などの対象ではありませんし、手術で改善するものでもないです。治療費を心配されるのは理解しますが放置していては悪化するばかりで、すべての面で得策ではありません!

このような反り返り姿勢を生じた原因として考えられるのは、農作業時の長時間のしゃがみ姿勢だと思われます。持続的な骨盤後傾・脊椎後弯姿勢により、仙腸関節や脊椎関節の固定化、そして背筋群は伸長され腸腰筋は短縮した結果、立位姿勢を取ると反り返り姿勢が完成することになります!

50代前半の年齢から考えて治療するには今が最適であり、先延ばしは最悪の結論でしょう!一日も早くカイロプラクティックを受けてください!しかし、ほんとうに姿勢調整できる治療家は少ないのでよくよく探してください!

フリ―ダイヤル:0120−155−029(予約優先)

*エキテンにてク−ポンサ−ビスあり

▲このページのトップに戻る